各種ゲーム機への対応

サバイバルキッズWii公式ガイド

1999年06月17日に一作目の「サバイバルキッズ 孤島の冒険者」がゲームボーイソフトとして発売されました。続いて2000年7月19日にゲームボーイソフトとして、続編の「サバイバルキッズ2 〜脱出!双子島〜」が販売されました。
ニンテンドーDSでは、2005年8月25日「サバイバルキッズ〜Lost in Blue」が一作目として販売され、2007年3月15日に続編の「サバイバルキッズ LOST in BLUE 2」、2007年12月20日に「サバイバルキッズ 小さな島の大きな秘密」を相次ぎ発売しています。また、ニンテンドーDSの1作目「サバイバルキッズ LOST in BLUE」は廉価版のコナミザベストでも発売され4割程度安くなっているもようです。

ゲームの概要

サバイバルキッズは、自由度の高いゲームで、様々なエンディングが用意されています。自由度の高さは設定のリアルさでもあり、慎重に考えて進めていかないと飢え死にしてしまう事もあります。
エンディングの一つは、ニンテンドーDSの特徴的な機能である通信ケーブルを使ってもう一人ユーザーが参加していなければ見れないと言われています。ニンテンドーDS機能の通信を使う事で、新たに様々アイテムを手に入れられます。
このゲームは、無人島に漂着した主人公二人が島の資源を有効に使い、協力して生き延びながら最終的には、この無人島から脱出するというゲームです。
ゲームの中でできることは現実に忠実になるように作られており、手に入れた食材を料理する方法、食べる方法も様々あり、食材と調理方法の組み合わせによっては、主人公が体調を崩す事があると言われています。
サバイバルキッズは、無人島の設定で漂着しているので、人間と遭遇する事は無くとも、凶暴な獣などは存在していて、命の危険が迫る事もあるようです。危機的状況やサバイバル的な環境に対する憧れを持つ人は多く、ゲームジャンルとしてリアリティと自由度を追求する事で、人気化したゲームでしょう。

仲間と力を合わせよう!

プレイヤーは無人島に漂着した少年少女たちを操作して、島からの脱出を目指すことになります。登場するキャラクターたちは、境遇や性格、特技などが異なり、それぞれが異なる個性を持っています。そんな仲間たちと協力して、島を探索していいきましょう。島の探索は、パートナーを選択してふたりで行うことになる。生き残るための食料や脱出のために必要なアイテムなどを捜すためには仲間との協力が不可欠です。島に点在する高い崖なども、力の強いキャラクターと協力すれば上ることができるなど、ともに行動するキャラクターによってさまざまなアクションが可能になるのです。力を合わせて難関に挑みましょう!

スポンサードリンク

「サバイバルキッズ」最新作

最新作の「サバイバルキッズ 小さな島の大きな秘密!?」では主人公が4人の少年少女に増え、それぞれの視点でのストーリーが展開されています。
ゲームは日にち単位で進むため、ゲームを行っているユーザーが、ゲームの進行状況や出来事を現実のように綴っているブログも多く存在しています。これは、ゲームがより現実化したと見るべきでしょうね。